子育て中の女性が力を発揮できる新しい働き方を提案します。

「通勤」を生産的な時間に変えることできるテレワーク。
弊社では、セキュリティー・コミュニケーション・労務管理・ルールの明確化、
すべてを網羅してご提案することができます。

在宅勤務で女性・育児介護中の社員、高齢者の働き方を変える!テレワーク

テレワーク

このようなお悩みをお持ちの経営者様・人事ご担当者様

  • セキュリティーや労働時間等、どのように管理すればよいのかわからない。
  • テレワーク制度がなかなか定着しないが、その原因がわからない。
  • テレワークのルールをしっかりと規程にしたい。
  • テレワーク制度を自社で進めたいが、専門的・客観的アドバイスを受けながら進めたい。

社員が抱えるリスクは様々。

(子どもの急な病気、保育園やデイサービスの運営時間の制限など)

  • 子の看護休暇・遅刻早退、時短勤務子の看護休暇・遅刻早退、時短勤務
  • 介護休業、介護休暇、遅刻早退介護休業、介護休暇、遅刻早退
テレワークの環境を整備することで無理なく能力を最大限、発揮できるようになります。

テレワーク導入の流れ

業務改善

従業員の意識改革からスタートします。(テレワークの効率性・生産性について解説)
現状の非効率な業務を洗い出します。
「テレワーク業務」と「テレワークタイプの選定」を行います。

環境整備

予算を策定します。
ICTインフラ、PCの準備をします。
※システム構築+PC、電話を社員に貸与します。
※社員の個人所有のPCを使用する場合もあり。

制度整備

テレワーク規程の作成。
人事評価規程の作成。
賃金規程の作成。

運用

適性チェックを実施します。
作業空間の整備を行います。
在宅勤務者の目標設定を決め注意喚起します。