パパママが「子供のそばで働く」を支援。これまで多くの企業様へ保育施設の設置を推進してきました。

こんなお悩みをお持ちの経営者様・人事ご担当者様 ワーク・イノベーションがオススメする企業主導型保育事業の3大ポイント
私たちと、企業主導型保育事業にチャレンジしてみませんか?

企業主導型保育事業は、待機児童対策を目的とした、新設認可外保育施設に対する内閣府の補助事業です。
保育施設の新設費用や内装工事費用の75%が助成されます。 運営費用は、認可保育園並に助成され、その受給期間に制限がありません。
助成金申請サポートや申請書類の作成代行もご安心ください。

我が国の女性活躍推進を牽引してきた私たちが、開園後の人事課題解決も万全サポート。企業内保育園の設置効果を高めるための人事制度構築や社内啓蒙を、人事労務唯一の国家資格者である社会保険労務士が解決します。

企業主導型保育事業の新規保育枠募集は、2018年3月31日で終了します。2018年4月1日以降は自主整備・自主事業となるので、開園と運営は事実上困難となります。

六本木の高層ビル、石垣島のリゾートホテル等多様なご支援実績がございます。全国どこでも、どんな場所でも対応できますので、安心してご相談ください。

助成金申請、設置、運営、人事制度構築までワーク・イノベーションが完全サポートします

開園場所の検討
運営方針の立案
販促活動
整備費助成金申請、受給
初期投資
開園支援費用
助成金申請代行費用
内装工事費用
保育備品購入費用

開園場所の検討支援
安全性と運営オペレーションに適したレイアウトのご提案
運営方針の立案支援
運営オペレーションマニュアルのご提供
販促活動支援
整備費助成金申請支援又は作成代行
経験豊富な設計事務所のご紹介
 ・施設の基準適合性チェック
 ・デザイン性が高く助成金受給基準にも
  完全合致した設計図面のご提供
初期投資及び運営収支予算のご提供

認可外保育施設設置届の作成・提出
運営費助成金申請、受給
施設の管理
運営費
 ・人件費又は運営委託費
 ・施設賃借料
 ・消耗品費
 ・水道光熱費
 ・通信費
 ・その他施設の維持運営に係る費用

認可外保育施設設置届の作成支援
運営費助成金申請支援
運営コンサルティング又は運営受託
 ・カリキュラムの立案
 ・スタッフの採用、施設への派遣、労務管理
 ・担当コンサルタントの巡回
 ・運営書類の整備
 ・安全衛生管理と保証
 ・立ち入り調査対策
女性活躍推進やワーク・ライフ・バランス人事制度

開園準備から保育園運営までの流れ
ワーク・イノベーションの保育園運営の特徴

保育士が働きやすい環境を構築し、保育士の職場満足度と定着率を高めて、質の高い保育を実現します

貴社の経営理念を保育につなげます。これにより貴社全体の働き方も変わります。

全国社労士連合会保育業務部会委員や我が国の女性活躍推を牽引する社労士が所属しています。保育の質を維持・向上するための保育士の人事マネジメント、保育園開設により変化する貴社の人事制度の運用を最高レベルでご支援いたします。

優れたデザイン性と認可レベルの安全基準を実現した保育施設を数多く手掛けるデザイン・設計会社とのコラボレーション

保育施設として使用可能な建物かどうかを、認可保育所基準でチェック。開園準備開始以降の不適合発覚によるトラブルを完全に防ぎます。

基準に適合した安全衛生設計により、整備費助成金受給成功確率を100%に高めます。

優れたデザイン性から高い利用者満足度が期待できるため、空き定員の不安も解消。その結果、運営費助成金は上限額まで受給することが可能となります。

料金

初回相談(60分)無料

≪開園前支援≫ □開園検討支援:(1施設当たり498,000円~)
●収支予測資料作成 ●候補施設適合性アドバイザリーサービス
↓開園する園の概要が決定したら

≪開園前支援≫ □開園準備支援:定員に応じた料金設定(1施設当たり847,723円~)
●スケジュール管理、業務品質管理 ●行政機関等調整業務
●保育カリキュラム提案、安全衛生管理指導、販促支援、収支予測作成

≪開園後支援≫ □運営アドバイザリーサービス(定員に応じた料金設定:年額1,256,000円~)
⇒貴社で保育士を雇用、弊社が運営コンサルティング
●保育方針・カリキュラム、安全衛生管理、自園調理、販促、コンプライアンス
●立ち入り調対策 ●収支予測資料作成 ●保育士研修(開園前、採用時、継続、マネジメント)

≪開園後支援≫ □運営委託
⇒弊社で保育士を雇用し、運営は完全に委託して頂きます。
委託料は運営費助成金の範囲内に収まるように、保育施設の規模や整備状況を勘案して稼働率別にご提案いたします。

メディアにも掲載されました

NHKおはよう日本 「“元保育士を職場に” カギは『子連れ復帰』」

NHK週刊ニュース深読み 「 待機児童と保育士不足 」

NHK首都圏ネットワーク 「 潜在保育士の活用の取り組み 」