代表あいさつGREETING

代表取締役菊地加奈子

新たな働き方を一緒に考え、豊かな企業生活、豊かな家庭生活が送れるよう誠実にご支援してまいります。

出産育児を理由に会社を退職し、再就職を希望しているもののそれが叶わない女性は全国に315万人もいると言われています。
その女性たちの中には高いスキルや経験、資格を持ち合わせている方も大勢います。
育児休業を取得する女性の割合は毎年伸びており、現在は9割近くの取得率に上っているものの、最終的には6割以上が離職してしまっている現実があります。

一方で、2020年には6人に1人が後期高齢者になる時代、企業も人材不足がさらに深刻化するでしょう。

弊社では、
「もう一度社会に出て働きたい」
「出産・育児・介護といった私生活上の制約があっても、家庭を大切にしながらキャリアを継続させていきたい」
そんな女性たちの思いに応えつつ、企業が今以上に成長するためのコンサルティングを行っています。
また、企業の制度や仕組みを整えるだけでなく、保育園を併設した具体的な両立支援まで行うことで、働く喜び、子育ての喜びを感じながら親子で成長できる支援もさせていただいています。

「子育て中は少しペースダウンして、落ち着いたら正社員になって管理職を目指したい」
「子どもがいても時間短縮などを行わずに責任ある仕事をしたい。でも家族との時間も大事にしたい。」

そんな一人一人の声に応えられる柔軟な制度を提案することで、すべての女性が社会の中で存分に力を発揮できるようご支援させていただいています。

女性の働き方が変われば男性の働き方も変わる。
女性の活躍、ワーク・ライフ・バランスを実践すると、企業全体が変わります。

新たな働き方を一緒に考え、豊かな企業生活、家庭生活が送れるようご支援してまいります。

代表取締役菊地加奈子

代表プロフィール

1977年生まれ。早稲田大学商学部卒。

▶第一子出産を機に仕事を退職し専業主婦となる。出産後の社会復帰の難しさに悩みながらも6年半のブランクを経て2010年、社会保険労務士の資格を習得し事務所を開業。

▶翌年、紛争解決手続代理業務試験合格、特定社会保険労務士の付記を受けてからは労働基準監督署における労働相談他、労働問題の紛争解決のための業務を数多く担当する。

▶2012年に第4子を出産。産休育休のない個人事業主としての出産を通じて、どんな立場でも当たり前に子どもを産み育て、社会的役割を担える女性を応援したい、と株式会社ワーク・イノベーションを設立。

現在1男4女の5児の母。中小企業の女性活躍推進・ワーク・ライフ・バランスコンサルティングを行いながら、全国でのセミナー講演・テレビ出演、執筆活動も行っている。