私たちについて

理念と私たちの思い

株式会社ワーク・イノベーション

働けない理由ではなく、働ける方法を考える
人材不足の時代、働き方に対する考え方が大きく変わろうとしています。
企業の求めるレベルの優秀な人材の中には一般的な就業モデルを望まない、もしくは何らかの事情によって一般的な働き方をすることができない人も増えてきています。
今後、そういった人たちを企業の古い慣習によって排除するか、企業側が変化し活躍のフィールドを作っていく努力をしていくかで企業の将来は大きく変わってくるといえます。
自分たちの生き方軸・働き方軸を持ちながらも企業を変える力を持っている優秀な人材が、その持てる能力を最大限発揮できるために、人事面のご支援・子育て支援の福利サービスの提供を行っています。

社会保険労務士法人ワーク・イノベーション

ワーク・イノベーションで日本企業をはたらきやすく
私たちは業界でも唯一、事業所内保育施設を持っている社労士事務所です。働く親である職員の働き方と、子どもの育つ最高の環境について真剣に考え、実践してきました。今では仕事と育児の両立、保育園の労務管理、在宅勤務のノウハウ、業務効率化のノウハウといった幅広い知見をお客様の人事へ提供することができるとともに、全国に拠点を持ち、顧問先様をご支援しています。
メールやSkype、グループウェアの活用による資料共有によって経営者様とのお打ち合わせはもちろん、従業員面談にも対応できるので、日本全国どこでも距離を感じることなくご支援できます。
また、日々の職場環境の整備はもちろん、従業員との労務トラブルが生じた時も迅速丁寧に対応致します。

代表あいさつ

2010年、3人目の子が生まれたばかりのときに社労士事務所を開業しました。
保育園の問題、子どもの体調の問題と、綱渡りのような毎日を経験しつつ、夫婦のあり方、家族のあり方とつねに真正面から向き合い、自分自身が一つ一つ体現者となりながら新しい働き方を企業に提案・導入してきました。
事務所が着実に成長していく中で4人目5人目の出産も経験し、現在は保育園の経営、育児や介護、働き方に関する国の委員なども務めるようになっています。
そんな中で社労士として思うことは、自分の描くキャリアを追求しつつも、子どもの健やかな育ちや世の中全体の問題に対して、つねにポジティブに向き合っていくことが大切だということです。
これから企業を取り巻く環境は大きく変化していくと考えられますが、企業一社一社にしっかり寄り添いながら丁寧なご支援をしてまいります。

代表プロフィール

1977年生まれ
早稲田大学商学部卒業
企業の人事・経理部門を経験したのち、専業主婦を経て2010年社会保険労務士事務所開業
テレワークやフレックス勤務、副業など、柔軟な働き方の導入と一人一人が能力を最大限発揮できる人事制度構築を得意とする。
最新の企業内保育の導入をビジネスモデルとして2016年 横浜ビジネスグランプリ女性起業家賞受賞
全国社会保険労務士会連合会 保育労務管理部会委員
全国社会保険労務士会連合会 両立支援部会委員
厚生労働省 中央介護プランナー
神奈川県ワークライフバランスアドバイザー

グループ

GROUP

保育園の運営委託をご検討の方はこちらもご覧ください。